ナツヤキチュウドク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | 日記URL | -

お誕生日おめでとう

よもやリニューアルして最初にまともに書くことが桃子になるとは思わなかったのですが(汗
嗣永桃子ちゃん14歳のお誕生日おめでとうございます!

彼女は一も二もなく声が可愛らしいわけでして、先般発売中止だか延期だかになりました新春ハロー公演でショックだったことの一つである「白いTOKYO」でもその可愛らしい声が封印されてしまい落胆したのは雅ちゃんには内緒です!
嗣永桃子 | 日記URL | comments(0)

名を取るか実を取るか?

昨晩の紅白の映像を見ました。
ここではハロー!プロジェクトキッズが主にバックを務めた松浦さんの「気がつけばあなた」(110秒)について書きたいと思うのですが、
20秒頃からスターティングメンバーとして出てきた8人は上手からBerryz工房(ライトブルーの衣装)の清水・嗣永・夏焼・菅谷。下手から℃-ute(ピンクの衣装)の梅田・村上・岡井・萩原というメンバー。

32〜33秒頃℃-uteの4人が、34〜35秒頃Berryz工房の4人が抜かれます。
50〜55秒頃、松浦さんを中心に9人が一緒に映ります。

55〜60秒頃に上手からBerryz工房の須藤・徳永・熊井が、下手から矢島・鈴木・中島が先行メンバーに渡す小道具(風船)を持って合流。

そこからは色々なフォーメーションに入りますけれども、シンメトリーを形成して進行します。
一番映りこむポジションには、我らが雅ちゃんと℃-uteでは中島早貴ちゃん。少し離れてテレビへの映りこみは減るけれども、前衛に嗣永さんと℃-uteの萩原舞ちゃん。悲喜劇的な105〜110秒頃のシーンまでこの位置はほぼキープ。ちなみに菅谷さんの対角が村上さんで、清水さんの対角がうさぎのぬいぐるみ…ではなんですのでその隣の岡井ちゃん。
離れているので確証持てないですけれども、熊井さんと梅田さん、須藤さんと矢島さん、徳永さんと愛理というカンジに見えます。

90秒〜100秒頃は、松浦さんの歌とハロー!プロジェクトキッズ(表記はその記述でしたね、当たり前ですが)のコラボレーションは歌のクライマックスと相まって盛り上がったと思います。

最後の締めである105〜110秒頃で萩原舞ちゃんの風船が思い切り嗣永さんの顔に被り、嗣永さんが背伸びしているっぽい映像がまた色々と物議をかもし出しつつ、マイマイじゃしょうがないやって収束したみたいですけど、14人の子たちそれぞれが見事に自分の役割を果たしているのが素晴らしいですよね


シンメトリーという全体の調和のために、℃-ute側では後列を務めた矢島さんやリーダー格ゆえに先行していた梅田さん(ダンス技量も高い)のような存在もあると推察されますが、基本的にバックダンスという性格を考慮して、技術優先で選んだ部分が強く感じられました。
そんな中で、終始中央部分を務めた雅ちゃんは流石でしたね。
一方で、最後の締めの部分を二年連続とった嗣永さん。

決して紅白を通して世間に名前が伝わることはなくとも、彼女の笑顔は伝わったのではないかと思います。


どうしても自分の推しメンの登場は長くあって欲しいですし、見たいですが、今回のフォーメーションはたった一回こっきりですが、このために真剣に考えたであろう夏先生にはお疲れ様でしたといいたいです。
何度も繰り返し見ることで、良さをあらためて感じました。





夏先生が考案したという振り付けは見事なものでした。ダンスとしては普段やっている踊りと比較した場合、若干簡単なものなんじゃないかと思います。同じ踊りをしろといわれても絶対できないですけど。





嗣永桃子 | 日記URL | comments(0)